糖尿病を進行させないために必要なポイントを大公開!

Diabetes Treatment

遺伝だけでは決まりません

まずは生活習慣の見直しを

ナース

米や小麦に含まれるでんぷんは生きていく上で欠かせない栄養素です。でんぷんを摂取するとブドウ糖に分解されます。しかし、この分解がうまくいかない状態のことを糖尿病と言います。原因はストレス、偏った食事、運動不足など様々な要因が重なって起こると言われています。実は同じ食生活をしていても糖尿病になりやすい人とそうではない人がいることがわかっています。一言で言うと体質が発症に大きく関係しています。また、糖尿病自体は遺伝しませんが、体質は遺伝するため、両親や祖父母に糖尿病患者がいる場合は注意が必要です。いったん発症すると動脈硬化や脳梗塞などの命に関わる深刻な症状を引き起こすリスクがあります。このような糖尿病専門のクリニックがJR小岩駅近くにはたくさんあります。小岩駅から歩いて行けるので、小岩駅に通勤や通学などで立ち寄れる方にはお勧めです。体質は遺伝しますが、結局は本人の生活によるところが大きいのも事実です。発症しやすいからと言っても必ず発症するわけではありません。生活習慣病予防に有効な対策ができていれば、発症する可能性をぐっと押さえることができるでしょう。もしもまだ発症していないけれど、肥満で悩んでいる場合は予備軍と考えられます。そんな人も一度、小岩駅周辺のクリニックで相談してみることをお勧めします。当たり前のことばかり言われるかもしれませんが、医者から診断されると気持ちに変化が生じるかもしれません。小岩駅に立ち寄る際には、検討してみる価値はあるでしょう。

初期症状を見逃さない

相談

日本人に発症率が高い糖尿病は、放置するととても危険な病気です。放置して悪化すると合併症が起こって、最悪の場合死に至ることだってあります。それに、悪化した時の治療も人工透析という一生付き合わないといけない治療を受けることになるので、金銭的な負担や体への負担が大きくなってしまいます。このようなリスクを抱えないようにするには、糖尿病の初期症状を見逃さないことです。この病気の初期症状は、気付きにくいとされていますが、早い段階で気付くことができます。それは、のどの渇きが早い、頻繁な排尿、常に空腹を感じているという状態です。これは、インスリンの分泌が上手くいかず、体へエネルギーが蓄積できない状態になっているので起こる症状です。それに、こういった症状が起こり始めたら血糖値が上がったり、尿にたんぱくが混じり始めたりします。健康診断などを受けると結果で確認できるので、最近上記に書いた症状があると思ったら注目してみてください。そして、検査結果によって糖尿病の疑いがある場合は、すぐに病院へ行きましょう。小岩には、糖尿病予備軍の状態でも治療を行なってくれる病院があります。こういった病院へ行けば、糖尿を改善し、健康的な体を取り戻しやすくなります。小岩の病院では、普段の生活習慣の指導なども行なっています。糖尿病にならないように小岩の病院で指導された生活を送れるようにし、病気を引き起こさないようにしましょう。また、小岩の病院では食事に関する徹底した指導も行なっています。薬の治療を避けたいのなら、早めに診察を受けて症状を起こさないようにしましょう。

病院選びは相性も大切

ドクター

発病しますと長きに渡り血糖値をコントロールしなければなりませんので、糖尿病を治療する通院先は、入念に選ぶ必要があります。小岩で治療を受ける場合でも、内科や内分泌科などで治療が受けられますから、立地なども考慮して、信頼の置ける病院を選びましょう。国内の糖尿病患者は2型糖尿病が大半で、全体の約95パーセントを占めています。このタイプは血糖値を下げるインスリンの分泌量が減ったり、分泌しても効力が落ちていることで、血糖値が下がらないために発病します。また、親からの遺伝が原因になることも2型の特徴であり、一説には原因の9割が遺伝と言われるほど、遺伝的影響が強く影響しているのです。また、比較的少数の1型糖尿病は、ウイルスの感染などを発端とする糖尿病です。ウイルスなどに感染しますと、体内では外敵を攻撃する免疫細胞と作りますが、それと共にすい臓のベータ細胞を破壊する免疫細胞も作り出すのが原因とされています。ベータ細胞はインスリンを生成する大切な細胞ですが、ウイルスもろ共攻撃してしまい、インスリンが作れなくなることで糖尿病を発病するのです。1型は糖尿病患者の全体数から見ますと少数ですが、小児の糖尿病ではこの1型の方が多くなっています。そして、1型は遺伝的な原因は少ないとされ、ウイルス感染などの後天的な原因と、半々とされているのです。どちらの糖尿病も、小岩の内科や内分泌科などで治療を受けられますが、糖尿病の専門診療内科を設けている所もあります。ですから小岩で治療する時は、その病院に相談するのも良い方法です。また、医師との相性も大切ですので、もしも途中で合わないと感じた場合は、小岩のほかの病院へ転院して治療を続けましょう。