糖尿病を進行させないために必要なポイントを大公開!

Diabetes Treatment

効果的な治療を行うために

服用後の体調観察が大切

病院

内服薬には効果もあれば、副作用もありますので、それによる体調変化を早期に発見するためにも、副作用の症状を知っておくことが大切です。小岩の病院で糖尿病の治療を受ける場合でも、医師がその必要性を認めますと、何らかの薬が処方されます。糖尿病で処方される薬にはヒグアナイド薬もあり、これは糖新生を抑えるよう、肝臓に働き掛ける薬です。副作用と致しましては、酸性に血液が傾いてしまう乳酸アシドーシスがあり、筋肉の痙攣や脱力感、そして嘔吐などが起こる場合もあります。筋肉痛や吐き気も代表的な副作用ですから、服用後は体調を観察しておきましょう。また、食後の血糖値の上昇を抑制するα-グルコシダーゼ薬は、オナラの回数が増えたり、お腹が張りやすくなるといった副作用があります。また、便秘や軟便や下痢をはじめ、食欲不振や嘔吐などの症状も、この薬の副作用です。血糖値を下げる薬ですが、α-グルコシダーゼ薬だけの服用なら、低血糖の副作用は起こりにくいとされています。しかし、ほかの薬と飲み合わせた場合は、低血糖の症状が出ることもありますので留意が必要です。小岩の病院に通院する場合も、万が一それらの副作用を感じられた場合は服用を止め、治療先の小岩の医師へ相談しましょう。その際は、副作用で起きた体調の変化などを小岩の医師へ詳しく伝えますと、処方量を減らしたり、あるいは別の糖尿病治療薬へ切り替えるなど、適切な糖尿病治療を提案してくれます。

検査に行く

ハート

糖尿病になりやすい人には色々な原因があります。その一つが食生活です。ビールなどのアルコールを日ごろからよく飲む人や、食べる量がとても多い人は糖尿病になりやすいでしょう。また、食べる物がお肉中心であったり塩分を多めに摂ったりしている人も糖尿病になりやすいです。他にも、糖尿病になりやすい人はいます。それは、ストレスを抱えやすい人です。職場や家庭でストレスがあってうまく処理ができないと糖尿になる可能性があります。次に、ある年齢から糖尿になりやすいので注意が必要です。その年齢は40歳からなのですが、40歳を超えると検査に行ってみるといいでしょう。実は、糖尿病になっていても、自分が糖尿だとは分かりません。自覚症状がないまま放置をしておくと合併症を発症する恐れがあります。糖尿の合併症は網膜症や神経障害になります。他にも動脈硬化が進んでしまうこともありますので、やはり検査を受けるのは大切だと言えます。もし仮に小岩に住んでいるのなら、小岩駅周辺の病院に行ってみたり、車を持っているのなら小岩駅から離れた病院に行ってみるのもいいのかもしれません。検査は血糖値を調べれば分かるようになっています。血糖値が基準より低ければ問題ないのですが、基準値より高ければ再検査をしたり初めての検査で糖尿だと判断がされます。何はともあれ、放っておいてもいいことはありませんので、小岩に住んでいるのなら近くの病院に行ってみるといいでしょう。病院では、糖尿の検査をするのですが、検査の結果によって糖尿と判断された場合は医師と話し合いをしていき、適した治療法で病気を治していくことが大切です。

血糖値コントロールが重要

困る人

糖尿病は血糖値の高い状態が続く病気ですが、血糖値が一時的に高いだけでは、特に不都合は起こりません。急性の症状がほとんどないため、糖尿の傾向があると診断されても、無視してしまう方がいます。しかし糖尿病で恐ろしいのは、放置したときに起こる合併症です。小岩の医療機関でも、合併症を発症した後は治療が難しくなるため、早めの診断と対策を推奨しています。網膜症・腎症・神経障害が、糖尿病の三大合併症と呼ばれています。網膜症は眼の血管から出血を起こし、視力が落ちたり視野が欠けたりする症状で、失明に至ることも珍しくありません。小岩では眼科で診断を受け、糖尿病性網膜症と診断されるケースもあります。腎症は腎臓の血管が壊れて機能不全を起こす症状で、血液中の老廃物を排出できず、重症になると人工透析が必要になります。人工透析ができる施設は小岩駅周辺にもありますが、生涯にわたって毎週長い時間を費やさなければなりません。神経障害は足がしびれたり、勃起不全や排尿困難を起こしたりします。合併症の中では最初に出てくる症状なので、よく注意していれば発見できる可能性があります。いずれの合併症も、細い血管が障害を受けることが原因で、毛細血管の集まっている場所に出やすいのが特徴です。糖尿病と診断されても、血糖値をコントロールすれば、合併症を抑えることができます。取り返しがつかなくなる前に、専門的な知識のある小岩の医療機関に相談し、適切な治療を受けてください。